概要

MAX-UXはITサービスインフラに対する性能診断及びセキュリティ診断のためサービス全セクションに対し可視性及び直観性を提供します。さらに、サービストラブルに対する原因とトラブルの場所が特定できます。

MAG-UX の必要性

MAG-UXは性能とセキュリティ的ITサービストラブルイシュー診断のためワイヤデータ分析を利用します。この機能により意図的トラブルだけでなく非意図的トラブルの把握ができる。

機能

リアルタイム処理

MAG-UXはリアルタイムモニタリングを通して設定されたリミット値を超えた場合、警告/お知らせを出しますこの機能によりイージーにさらには、素早く、直観的にITサービスの性能を診断及びセキュリティ診断ができるようになります。

区間別処理

MAG-UXは各要素だけでなく各セクション別状態を分析し、警告/お知らせを出します。この機能によりITサービストラブルの場所をリアルタイムで把握できます。

診断分析

MAG-UXは様々なダッシュボードやリアルタイム分析ツールを通してトラブル要素特定及び予測機能を提供します。IT Control Tower機能でサービス診断及びセキュリティ診断ができます。

特徴

IT

コントロールタワー

  • ITサービスインフラ性能評価分析

  • リアルタイムモニタリング

  • 全ての要素に対する分析

  • 全セクションに対する分析

  • イージー、そして素早い意思決定ツール

  • トラブルの増加要素を排除し適用

  • 異常徴候の把握

特徴

セクション別スイッチミラーリング

  • サーバーに負荷を与えるエージェントをインストールしません。

  • 人為的なパケットを生成し、モニタリングしません。

  • リアルタイムで処理が困難なSNMPまたはフローデータ方式を使用しません。

  • セキュリティ問題が発生しがちなScript Injection方式を使用しません。

特徴

クライアント‐サーバー間リアルタイムトランザクション分析

  • ネットワーク所要時間(RTT)、使用量測定(BPS/TPS/etc)

  • クライアントアプリケーションのモニタリング(5TUple/URL)

  • 不正行為分析及び追跡(Anomaly TR/CPS/PPS/etc)

  • クライアント環境別(地域別)接続性能測定

  • サーバー別応答時間(Latency)及び待機(Wait)時間測定

  • アプリケーション

    アプリケーションURI/DB Query別指標測定

  • 専用パケット分析に基づくトランザクション及び不正行為測定