概要

MAG-UXはIoTデバイスおよびITサービスインフラに対する性能診断およびセキュリティ診断のためにサービス全区間に対する可視性と直感性を提供し、この機能でITサービス運営障害に対する要素および区間把握ができます。

MAG-UX の必要性

MAG-UXは性能とセキュリティ的ITサービストラブルイシュー診断のためワイヤデータ分析を利用します。この機能により意図的トラブルだけでなく非意図的トラブルの把握ができる。
また、IoTサービスの場合、MAG-UX専用のMUME(Micro Engine)をIoTデバイスに設置することで、セキュリティや性能(デバイスヘルスチェック、ネットワーク接続検知など)も把握できるように開発されています。

機能

リアルタイム処理

MAG-UXはリアルタイムモニタリングによって設定された臨界値に到達すると警告通知を提供し、この機能で簡単、迅速、直感的にIoTデバイス及びITサービスインフラ性能診断及びセキュリティ診断が可能です。

区間別処理

MAG-UXは各要素だけでなく、各区間別に状態分析および警告通知を提供し、この機能によってITサービスインフラ障害区間(障害要素)をリアルタイムで把握できます。

診断分析

MAG-UXは様々なダッシュボードやリアルタイム分析ツールを通してトラブル要素特定及び予測機能を提供します。IT Control Tower機能でサービス診断及びセキュリティ診断ができます。

特徴

IT コントロールタワー

  • IoTデバイス及びITサービスインフラの性能評価分析

  • IoTデバイスにオンデバイスモジュールMAG-UX Micro Engine(MUME)を設置し、セキュリティ·性能モニタリング

  • リアルタイムモニタリング

  • 全ての要素に対する分析

  • 全セクションに対する分析

  • イージー、そして素早い意思決定ツール

  • トラブルの増加要素を排除し適用

  • 異常徴候の把握

特徴

セクション別スイッチミラーリング

  • サーバーに負荷を与えるエージェントをインストールしません。

  • 人為的なパケットを生成し、モニタリングしません。

  • リアルタイムで処理が困難なSNMPまたはフローデータ方式を使用しません。

  • セキュリティ問題が発生しがちなScript Injection方式を使用しません。

特徴

クライアント‐サーバー間リアルタイムトランザクション分析

  • ネットワーク所要時間(RTT)、使用量測定(BPS/TPS/etc)

  • クライアントアプリケーションのモニタリング(5TUple/URL)

  • 不正行為分析及び追跡(Anomaly TR/CPS/PPS/etc)

  • クライアント環境別(地域別)接続性能測定

  • サーバー別応答時間(Latency)及び待機(Wait)時間測定

  • アプリケーション

    アプリケーションURI/DB Query別指標測定

  • 専用パケット分析に基づくトランザクション及び不正行為測定